スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッグ杯2nd後半他6大会考察①

テレ東杯2ndやヒノ2ndに気を取られてすっかり忘れていた大会結果考察。
いやまあ、主催大会に気を取られてる分まだマシなんですけどね
①ではタッグ杯の後半と節分突発の萃香乙杯を考察していきます。

全宇宙最強タッグバトル2nd後半(主催:暁氏)
4戦目:回&形符「やくじんさまごっこ」(風峰監督/ジルコニア監督)
宿命(?)のライバル、ジルコニア監督と、VフォームとGK大妖精で有名な風峰監督。両チーム共に高い攻撃力を誇り、GKも霊夢とマジハン大妖精と苦戦必至の相手です。
対戦相手は私が風峰監督、左京がジルコニア監督となりました。ジルコニア監督との5度目の直接対決なるか?と思われましたが、今回はそうならなかったようです。
結果は、左京が3-2で辛勝しましたが、私が0-3の惨敗を喫し、総合3-5で敗北となりました。
試合の方は妖夢が回&形の咲夜とレティに封殺。サイドの美鈴もPA外からではマジハン大妖精を突破できず、うどんげに至ってはボールすら持てない始末。
対して相手はVフォーム特有の息もつかせぬ連続攻撃でこちらの夢子に襲い掛かり、これを悲しみドールで掴むことが出来ずにずるずると失点がかさんでいく試合となりました。
攻撃がいまいち噛みあっていない感じとしかいいようがなかったのは悔しいところ。さらに言えば、向こうが空地両方において決定力が高かったことで特化無しの夢子が歯が立たなかったのも一因でしょう。
ここで敗北したことで、決勝トーナメント行きの可能性はほぼ0となりました。

5戦目:Rosenn Maiden(ROSE監督/enn監督)
常勝、ラスボス等、界隈でも指折りの高い完成度を誇るチームを量産する名将enn監督と、魅魔様(と玄爺)の起用に定評があり、実力も高いROSE監督のタッグ。正直是が非でも回避したかったタッグですが、勝ち越しが懸かったこのタイミングで当たるとは…なんとも運が悪い
対戦相手は私がROSE監督、左京がenn監督となりました。新参もいいところの左京のチームが界隈トップクラスのenn監督と当たるだけに、少しでもリードを持って渡したいところ。
結果は、私が2-1で勝利しましたが、左京が0-2で敗戦となり、総合2-3で敗北となりました。
試合の方は完全に夢子の夢子による夢子のための試合に。トワイライトを投げ返し、魔界神聖を弾くなど、ガッツが残ってる間は1点も通さない鉄壁ぶりを見せてくれました。流石にガッツが切れたところに飛んできた結界魅魔様の強烈シュートは防げませんでしたが、十分だと思います。
それに対してFW陣のなんと不甲斐無いことか…そもそもシュートチャンスがたったの2回、しかも両方ともうどんげにしかボールが渡らず、その上1回はリリーB相手にドリブル突破を図るなど、完全にへたれもいいとこです。妖夢と美鈴に至ってはそもそも1回も画面に出てこない有様。これは実力云々よりも、夢子勝ちという形でしょう。

結果:チーム2勝3敗 個人2勝3敗で20チーム中、15位となりました。
とりあえずいろいろ語る前に一言
「急造タッグで碌に作りこんでも居ないチームは出すな!」
全てがこの一言で片付いてしまうというのが悲しいところ。締め切り2日前に参加なんて決めるから悪いというしかないでしょう。
そんななかでも頑張ってくれたGK夢子には畏敬の念を捧げるしかありません。FW陣はもっとシャキっとするべきでした。というかFW陣の合計得点が夢子の得点とほぼ同じなのには正直あきれるしか…


2月3日は節分だZE☆皆で萃香を乙らせよう大会(略称:萃香乙杯)(突発大会 主催:霜月教授氏)
節分だから萃香の突発をやろうといってチーム製作猶予まさかの2時間という、ある意味無茶苦茶な設定で始まったこの突発。レベル調整が全く上手くいかなかったために他と比べると低いレベルで提出すつこととなりました。お祭り的な要素が強いので、そこまで勝敗にはこだわらないつもりではいます。
特別ルールの萃香100点には正直笑うしかw
1回戦
ハロー大豆(ぜとん14歳監督)
界隈最古参のぜっとん監督とどこか似たような名前(笑)の監督との対戦。
結果は300-101で敗北。圧倒的な負け方だw
GK冬月諒で出したのがダメだったのか、萃香のシュートを面白いように決められ、大会唯一の300失点を達成しました。
守れるとか守れないとかそういうレベルじゃねえぞ!
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。