FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タッグ杯2nd前半戦考察

wiki非公開大会「全宇宙タッグバトル杯2nd」(主催:暁氏)で予選スイスドローが3試合終わったので少し反省会もかねて振り返っていこうかと。
相方は最近大会に参戦し始めた親友・左京。急場製作だったためにこっちが向こうのチームを見ながらキャラをあわせるという形のチームになりました。
基本戦略は火力があるこちらでリードを取り、左京の側での試合を楽に動かすのが狙いです。

1戦目:巫女はお姉さまに恋してる/妹様は魔法使いに恋してる(なたまにあ監督/紅みかん監督)
まさかの西方に続く開幕戦。この運命には正直驚かざるを得ない。
相手はネタチームに定評のある”エリーの人”こと紅みかん監督、そして界隈でも有名な”レミリアの人”ことなたまにあ監督のペア。チームコンセプトによってコンビプレイはないものの、それぞれスカーレット姉妹とVフォームを使用した攻撃に特化したチームです。
対戦相手は私が紅みかん監督、左京がなたまにあ監督となりました。紅みかん監督とは第1回お賽銭カップに負けて以来なのでここでリベンジしたいところ。
結果は私が4-1、左京が2-1でそれぞれ勝利し、総合6-2で勝利しました。
試合の方は妖夢を基点とした攻めが上手く働いたこと、そして相手のVフォーム故の守備の脆さに助けられたおかげでそこそこ点差を離して勝利。GK夢子もちゃっかり悲しみドールを決めてました。
ただ途中、相手の霊夢がネオ天生を撃っていたら流れが変わっていた(というよりそもそも霊夢にボールを持たせないことの方が重要だったのですが)だろうことを考えると、ちょっと不安な立ち上がりでもありました。

2戦目:まったりユナイテッドFC(まったり人間監督/ランジェロ監督)
今度は真ん中頃の試合でちょっとほっとしてました。流石に連続で開幕戦とか遠慮したいw
相手は割と最近に大会に参加し始めたまったり人間監督と、もはや語るまでもなく有名な”ZEF”と皇帝霊夢を率いる(?)ランジェロ監督。どちらのチームもツープレスかつ、きっちりとしたGK特化がなされている強敵です。
対戦相手は私がまったり人間監督、左京がランジェロ監督となりました。まったり人間監督とは初顔合わせ。はてさてどうなるやら?
結果は私が1-2で惜敗、左京が2-0で快勝し、総合3-2となり勝利しました。
試合の方はとにかく攻撃陣が機能しない!サイドアタックを何度か仕掛けましたが、うどんげはミコに、美鈴は先制弾こそ決めたものの、以降はボールがなかなかがいかない。トドメに妖夢にはほぼボールが回らないなど、なんともチグハグな動き。そんなことをしてたからでしょうか、終盤に逆転負けを喫する形となりました。
GK夢子は頑張っていましたが、中々掴めない上、相手がGK紫と相性が悪かったのもあってジリ貧になっていたようにも見えました。

3戦目:プリズムジャッジメント(アユタ監督/精神歪曲監督)
あえて言おう、ま た 開 幕 戦 か !今年3度目とかどんな冗談だ。
相手は三姉妹を使用するアユタ監督と、前回のタッグ杯でコンビを組ませて頂いたKOJの人こと精神歪曲監督。ジャッジメントと三姉妹をそれぞれに擁し、勿論GKも特化済みの強力なチームです。
対戦相手は私がアユタ監督、左京が精神歪曲監督となりました。アユタ監督のチームのFWにGK夢子の天敵たる毘沙門藍がいるのがどうしても嫌な予感を感じさせます。
結果は私が2-5の惨敗、左京も1-2の惜敗で、総合3-7で敗北となりました。
試合の方は序盤こそ試合の主導権を握っていましたが、中盤に入った頃から相手の藍にボールが集まるようになってくるとGK夢子の相性の悪さが露呈。守備陣も奪いはするが直後のパスを狩られるという正しく詰み状態となってしまい、最終的にタッグ杯では大きい3点差を付けられて敗北してしまいました。
中盤以降も攻めの形自体は出来ていたので、完全にアユタ監督に構成力の差で負けたといわざるを得ません。毘沙門藍がいたのもそれに拍車をかけているとは思いますが、それを考慮しても中盤のボール保持力が劣っていたのが痛かった。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。